はたらくものの医療生協_兵庫県民主医療機関連合会 会員ログイン
ホームへ戻る



尼崎医療生協・・・新病院内覧会(2007.02.25)

 完成が待ち遠しい新・尼崎医療生協病院ですが、25日(日)内覧会がありました。
 残念ながら、見学できたのは2階の病室だけでしたが、快適な入院生活が期待できそうな個室や4人部屋を見ることができました。
 なお、新病院の竣工式は、病院まつりとして4月22日(日)に執り行われます。
 尼崎医療生協・・・新病院内覧会


但馬で「医師確保、公立病院守れ」と住民大集会が開かれる(2007.02.25)

 医師不足が深刻な但馬地域。行政側がすすめる公立病院の縮小・廃止について、白紙撤回を求めて住民が立ち上がっています。
 25日、「もっと住民の声を聞け」と但馬各地から約300名が集まりました。縮小・廃止の対象になった病院のある地域から取り組みの現状報告のあと、実行委員会から要請された藤末衛常任理事が、医師労働の実態、医師不足は何故起きたのか、等について丁寧に説明しました。
 また、公立病院に勤務する2人の医師から、地域住民とともに混じり合ってきた経過や強引な集約化の問題点などが語られ、会場からは共感の大きな拍手がありました。
 但馬で「医師確保、公立病院守れ」と住民大集会が開かれる


兵庫民医連・第32回県連学術運動交流集会(2007.02.18)

〜過去最高の500名を超える参加者〜
 2月18日(日)、神戸市産業振興センターを会場に兵庫民医連・第32回県連学術運動交流集会が開催され、職員、共同組織、医学生など502名が参加しました。
 午前は8つの分科会で102演題の発表がありました。毎年介護・福祉関係の発表と参加者が増えてその比重が高くなっています。8分科会の演題の傾向は、第1・医療活動、第2・医療の安全、第3・介護施設、第4・共同組織、第5・NST、第6・リハビリなど、第7・育成ほか、第8・在宅、訪問、などです。
 午後は全体会・講演が行なわれました。小松秀樹氏(虎の門病院医師)による「医療を崩壊させないために」という内容でした。行政による医療事故への不適切な介入など改善すべきことが提起され重みのある講演でした。
 集会に参加されたみなさん、要員のみなさん、お疲れ様でした。
 兵庫民医連・第32回県連学術運動交流集会


《小規模多機能ホーム「ふるさと」盛大に開所式と見学会》(2007.02.11)

2月11日(日)、地域のみなさんや組合員、来賓、職員、延べ250名が参加し、組合員さん手作りの料理や、もちつきが行われ盛大な開所式・見学会となりました。地元宮上町自治会長様にもご挨拶いただき、地元の期待も実感しました。
 “ふるさと”を見学された皆さんからは、「家庭的で落ち着くね。」「思ったより広いね!」などの意見が出されていました。
 「ふるさと」はデイサービス、訪問、泊まりの三つの要素を備えた介護保険サービスで24時間、365日安心できるサービスが提供できる施設です。
福本所長、澤看護師を始め11名のスタッフとボランティアさんがしっかりスクラムを組み、2月15日(木)から営業を開始します。
※「ふるさと」電話079(226)8745 
FAX 079(226)8746
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

姫路医療生協 荻野俊夫理事長のごあいさつ
 
この度、小規模多機能ホームふるさとを開設いたします。
 利用者様の“住みなれた地域で、いつまでも暮らしたい”という思いを微力ながらお手伝いできればと考えています。
 
 小規模多機能ホームふるさとは、「デイサービス」「訪問」「泊まり」の三つの要素を備えた介護保険サービスです。24時間、365日安心できるサービスを提供したいと考えています。

 デイサービス・訪問・宿泊のすべてに同じ職員が対応しますので、環境の変化が苦手な認知症の介護にも適しています。また、園芸療法や回想法、音楽療法などを実施したいと考えています。

 ご自宅に居ながら、“何かあったら「ふるさと」がある”と思っていただけるような施設を目指しますので、今後ともよろしくお願いいたします。
 《小規模多機能ホーム「ふるさと」盛大に開所式と見学会》


お問合せ・ご意見・ご要望はこちらまで TEL 078-303-7351
〒650-0047 神戸市中央区港島南町5-3-7
TEL 078-303-7351 / FAX 078-303-7353