はたらくものの医療生協_兵庫県民主医療機関連合会 会員ログイン
ホームへ戻る



兵庫・大阪研修医合同カンファレンス開催〜日常の身体診察をふり返る有意義な学習会に!(2007.09.01)

 9月1日(土)、耳原総合病院で、兵庫民医連と大阪民医連の合同のカンファレンスが開催されました。
 今回は名古屋大学附属病院総合診療部の鈴木富雄先生をお招きし、午前は症例カンファレンス、午後は身体診察のワークショップを行いました。
 兵庫からは1年目研修医5名と和田先生と中田先生が参加しました。八尾徳洲会病院の研修医2名、指導医1名の参加もあり大阪の研修医・スタッフあわせて総勢35名が集まりました。
 午前中は耳原総合病院1年目研修中の緑川医師と小野医師の経験症例を鈴木先生の進行でホワイトボードを使いながらディスカッション。病歴・身体所見の段階でプロブレムリストをつくり鑑別診断を行い、各鑑別診断に対する検査前確立をたててから検査結果・経過にすすむ形で行われました。病歴・身体所見から鑑別診断を行う所までが臨床では最も大切であるとのメッセージが印象的でした。
 午後からは8ブースのシナリオ@脳神経A神経その他B腹痛C心不全DめまいE心音F眼底鏡Gエプリー法に分かれ、1・2年目研修医17名が全てのブースを回り後期研修医やスタッフから評価を受けるOSCE形式で行いました。研修医はハラハラドキドキでプレッシャーになったようですが、受験者、評価者ともに非常に満足度が高く、日頃適当に流されていた身体診察を振り返る有意義な学習会となりました。
 近畿で研修医が集まるのは4月のオリエンテーション以来ですが、お互い研修交流もしながら充実した一日を過ごしました。(中田医師報告より)
 兵庫・大阪研修医合同カンファレンス開催〜日常の身体診察をふり返る有意義な学習会に!


お問合せ・ご意見・ご要望はこちらまで TEL 078-303-7351
〒650-0047 神戸市中央区港島南町5-3-7
TEL 078-303-7351 / FAX 078-303-7353