はたらくものの医療生協_兵庫県民主医療機関連合会 会員ログイン
ホームへ戻る



神戸医療生協創立50周年記念レセプション〜「つなごう未来へ三つの輪」の思いをひとつに! 382名参加(2011.01.30)

 1月30日(日)舞子ビラにて神戸医療生協創立50周年記念レセプションが組合員、役職員、来賓の皆さん382名の参加で開催されました。
 道上理事長から50年の歴史を振り返り未来につなぐ医療活動、組合員活動についてスライドを交え紹介、全日本民医連・藤末衛会長、日本医療福祉生協連・福島哲常任理事から祝辞をいただきました。兵庫民医連・合田会長の乾杯発声のあと、神戸医療生協に長くかかわってきた組合員、役職員からさらなる発展と継続に対する思いが出されました。
 レセプション開催に合わせ準備した50周年記念DVDも上映。「今の神戸医療生協の事業と運動がよく分かった」「神戸医療生協を知ってもらうため多くの人に見てもらいたい」等の感想が出されています。参加した組合員、役職員の皆さんの顔に笑顔があふれ、『つなごう未来へ、三つの輪』の思いを一つにするレセプションとなりました。(神戸医療生協・山根一夫)
 神戸医療生協創立50周年記念レセプション〜「つなごう未来へ三つの輪」の思いをひとつに! 382名参加


Drブランチのカンファレンス開催!(2011.01.22)

 1月22日に尼崎医療生協病院でDr.Branchカンファレンスが研修医6名、専攻医2名、指導医1名の参加で行われました。兵庫民医連では毎年海外の有名ドクター(いわゆる大リーガー医)に指導に来ていただいています。今年は、湘南鎌倉総合病院から内科スーパーバイザーのジョエル・ブランチ先生にきて頂きました。
 内容は研修医からの症例提示をもとに、病歴および身体所見からの鑑別診断の進め方など時間をかけたカンファレンス、ベットサイドでの身体所見のティーチング、さらにまとめとして「病歴聴取のコツ」と「爪や皮膚所見」のレクチャーなどをしてもらいました。
 ブランチ先生は日本をこよなく愛するイギリス人の先生です。イギリス人としては小柄ですが、日本人とほぼ同じ体格のブランチ先生が白衣姿で歩いていると、すれ違った患者さんは「あれっ、外国人の先生?」と驚かれていました。とっても気さくで優しい先生で、レクチャーも分かりやすい。研修指導の方法も含めて、本当に勉強になりました。日本人の心も分かりつつ、Logicに、Scientificに思考できるブランチ先生、本当に素敵でした。(S研修医)
 Drブランチのカンファレンス開催!


お問合せ・ご意見・ご要望はこちらまで TEL 078-303-7351
〒650-0047 神戸市中央区港島南町5-3-7
TEL 078-303-7351 / FAX 078-303-7353