はたらくものの医療生協_兵庫県民主医療機関連合会 会員ログイン
ホームへ戻るお問合せ



看護学生学習会 「実習でどう学び、成長するか」(2010.11.27)

 11/27に行われた「実習でどう学び、成長するか」の看護学生学習会に、看護学生17名、職員9名が参加しました。講師の泉州看護専門学校の教務主任、大谷節子先生【写真】より、実際の実習での看護学生さん達の学びを、たくさんの事例や体験談を通してお話いただく中で、患者さんとの出会いが看護の力になること、指導者・教務・クラスメートを含め、みんなで成長できるように集団で学ぶことの大切さを教えていただきました。
 また、実習で困ったときは、周りの人に誠実に相談すること、患者さんとのコミュニケーションが大事なように仲間と、指導者と、教員ともコミュニケーションをはかり、信頼関係を築くことが大事であることを話されました。
 後半はグループワークを行い、実習に関する悩みや不安を少しでも解消できるようにアイディアを出し合いました。参加した看護学生は皆で話しをする中で解決策のヒントをつかんだり、自分の考えを整理して、それぞれ自分自身の課題を振り返ることができたようです。参加者からは「みんな同じような悩みを持っているんだとわかって安心した」「患者さんの存在の大きさや臨床指導者さんとの関わりの中でたくさんのことを学ばせてもらっているんだと思った。実習にプラスイメージを持つことができた」「実習に対しての不安や悩み、こんなときどうすればよいのかをグループの中で答えをもらったり、考えるきっかけになることを教えてもらえてすごく充実していた」などの感想がだされました。
 最後に大谷先生から「実習で不安になったときは勉強すること。実習が楽しくなるはず」と励ましのエールをいただきました。
 看護学生学習会 「実習でどう学び、成長するか」
お問合せ・ご意見・ご要望はこちらまで  E-mail kenren-hp@hyogo-min.net
〒650-0047 神戸市中央区港島南町5-3-7
TEL 078-303-7351 / FAX 078-303-7353