はたらくものの医療生協_兵庫県民主医療機関連合会 会員ログイン
ホームへ戻る



イラクでの日本人拉致事件について(2004.04.09)

イラクで拘束された日本人三名の安全確保を最優先に、
日本政府は交渉にあたって下さい

兵庫県民主医療機関連合会 会長 合田 泰幸

一.イラクにおける日本人拉致事件について、いかなる理由であれ、非武装の民間人を拉致し、殺害をほのめかすと言う脅迫行為は断じて許されることではありません。
兵庫県民主医療機関連合会は、武装勢力によって拉致された日本人三名の生命の安全確保を最優先に、解放に向けた交渉にあたられる事を政府および関係各機関に強く求めます。

一.今回の拉致事件の背景には、イラクの人々が日本へ期待していた内容からかけ離れた武装自衛隊の派遣に対する失望感と不信感がある事は明白です。これまでの国民世論や国会審議、イラク滞在ジャーナリストの報道からも、自衛隊のイラク派遣が行われれば、このような事態が起こりうる事は危惧されてきた事です。
兵庫県民主医療機関連合会は自衛隊のイラクからの即時撤退と、医療・教育・経済など平和的復興支援への政策転換を強く要求します。                        


お問合せ・ご意見・ご要望はこちらまで TEL 078-303-7351
〒650-0047 神戸市中央区港島南町5-3-7
TEL 078-303-7351 / FAX 078-303-7353