はたらくものの医療生協_兵庫県民主医療機関連合会 会員ログイン
ホームへ戻る



07年ホームレス炊き出しボランティアで医系学生、医師、看護師らが健康相談、生活アンケート活動実施(2007.12.28)

 2007年暮れの12月28日10時から三ノ宮東遊園地で神戸の冬を支える会主催の「ホームレス炊き出しボランティア」が開催され、支援者ら100名が参加しました。
 兵庫民医連から医学生、看護学生、医師、看護師など37名が参加し健康相談、生活アンケートなどを取り組みました。
 この取り組みは、毎年ホームレスの皆さんにせめて年越しを暖かい食事と交流を通して楽しんでもらおうと阪神大震災以降毎年取り組んでいるもので、兵庫民医連も5年前から参加しています。
 今年は兵庫民医連全体の取り組みにしようと実行委員会を立ち上げ、学習会も企画するなどの取り組みを行い、医系学生の参加も増えてより大きな取り組みになりました。
 朝10時から雨の中でテント作りが始まり、1時間ほどで10張りのテントが完成し、その中の一つをお借りして健康相談、健康チェック、生活アンケート調査が始まりました。瀧本医師が診察を開始すると診察を希望する人が2人3人と座り、看護師さんが問診票をとっていく作業と医師の診察がテキパキと進められ、和やかな中にも緊張感のある取り組みとなりました。
 また、医系学生を中心に7班に分かれてホームレスの生活や健康状態についての26項目のアンケート調査も行われ、17人からお話を聞くことができました。初めて参加した学生さんからは「アンケートをお願いしたホームレスの方全員が快く応じてくれて大変ありがたかった」「住所がないことで生活保護を拒否された人の話を聞いて行政の対応に疑問をもった」等、率直な感想が寄せられました。
 午後3時からは「日本の社会保障を考える」学習会を行い、阿江氏の講演を聴きました。日本の政治が抱える低福祉政策を変える事や個人や地方、国ができることを明確にすることの重要性をあらためて学びました。
 今後も経年的な取り組みにしていきたいと考えています。
 07年ホームレス炊き出しボランティアで医系学生、医師、看護師らが健康相談、生活アンケート活動実施


お問合せ・ご意見・ご要望はこちらまで TEL 078-303-7351
〒650-0047 神戸市中央区港島南町5-3-7
TEL 078-303-7351 / FAX 078-303-7353