はたらくものの医療生協_兵庫県民主医療機関連合会 会員ログイン
ホームへ戻る



連続講座「近現代史とわたしたち」〜第一講座(2008.01.24)

 今年で3年目になる近現代史の連続講座(3回コース)が午後2時から5時まで、神戸市勤労会館で行われました。今回45名の申し込みですが、業務の都合でこの日の受講は33名でした。
 第一講座は関西勤労者教育協会講師、中田進氏の講義で明治維新から1945年の敗戦までの歴史を、特に絶対主義的天皇制の中で戦争政策に突き進んだ政治的背景や、アジア諸国への加害の実態を生き証人の証言も紹介しながら学校では教えない“歴史の真実”を分かり易くお話ししていただきました。
 「過去の過ちを絶対に繰り返させないため、本当の歴史の事実を学ぶこと、そして平和な未来をつくっていくことが今の私たちの責任である。」ということをこの講座で分かり易く理解出来たという感想が多く出されていました。
 第二講座以降ではさらに近現代史の中で民医連が果たしてきた役割を学んでいきます。民医連ならではの学習の機会として、もっとたくさんの方に聞いていただきたいと思います。
 連続講座「近現代史とわたしたち」〜第一講座


憲法改悪ストップ!兵庫県共同センター総会と小森陽一講演会(2008.01.14)

 神戸市勤労会館で開かれた総会には150名を超える参加がありました。
 総会では「改憲発議させない。されても否決する県民世論づくり」のため2010年までに県民過半数署名の達成をめざし、県下全自治体を網羅する地域共同センターを確立することを確認しました。
 記念講演は小森陽一「9条の会」事務局長(東大教授)で「憲法をめぐる情勢と運動の課題」と題して、アメリカの押し付けによる憲法9条2項改悪のねらいを丁寧に説明され、草の根の世論が歴史を動かすことができるかどうかのせめぎあいになっていることが話されました。
 総会後兵庫民医連からの参加者が集まり、2月を9条署名地域推進期間と位置づけて取り組むことを確認しあいました。
 憲法改悪ストップ!兵庫県共同センター総会と小森陽一講演会


お問合せ・ご意見・ご要望はこちらまで TEL 078-303-7351
〒650-0047 神戸市中央区港島南町5-3-7
TEL 078-303-7351 / FAX 078-303-7353