はたらくものの医療生協_兵庫県民主医療機関連合会 会員ログイン
ホームへ戻る



原爆症認定申請者、厚労省へ「不作為の異議申し立て」へ兵庫から44名集団で申請(2008.12.09)

 12月9日、「認定申請をして長い方で2年半以上も回答のないまま放置されているのは行政の怠慢だ」として、県を通じ厚労省に対して「不作為の異議申し立て」を行いました。当事者・支援者含め約50名が参加し、原爆症認定問題の早期解決をと全国に先駆けて集団で行いました。
 支援ネット関係の扱いで現在146名の方が申請中で、その内6ヶ月以上返事のない方を対象に、この意義申し立て行動を訴え、44名の方が集団で提出されました。
 当日、本人が参加し直接県の担当者に手渡しで提出されたのは15名でした。民医連からも共和会7名、県連3名が支援に駆けつけました。
 結果が来ないままなくなった被爆者の方や、高齢で病状が悪化してくる方も居られ被爆者の方はもうこれ以上待てない、一日も早い解決が求められています。
 原爆症認定申請者、厚労省へ「不作為の異議申し立て」へ兵庫から44名集団で申請


お問合せ・ご意見・ご要望はこちらまで TEL 078-303-7351
〒650-0047 神戸市中央区港島南町5-3-7
TEL 078-303-7351 / FAX 078-303-7353