はたらくものの医療生協_兵庫県民主医療機関連合会 会員ログイン
ホームへ戻る



「アスベスト被害からいのちと健康を守る尼崎の会」第6回総会〜アスベスト問題の「風化」を許さず、加害責任を明確にさせよう!(2010.10.30)

「アスベスト被害からいのちと健康を守る尼崎の会」(会長は船越正信・尼崎医療生協理事長)は10月30日、尼崎市立労働福祉会館で第6回総会を開催、95人が参加しました。
 「尼崎の会」は、アスベストによる健康被害の国とクボタの加害責任を明らかにしようと、中皮腫で家族を亡くした2遺族が神戸地方裁判所に提訴した環境曝露(公害型)と、クボタに孫請けとして働くなど、肺がんで亡くなった2遺族が労災型の訴訟として神戸地裁で公判がはじまりました。公害型は18回の弁論が続けられ、労災型は5回の弁論まで進行しています。
 総会では、船越会長が「アスベスト被害が深刻になるのはこれから。5.30クボタ包囲人間の鎖を1,000人を超える参加で成功させた。被害者の掘り起こし、救済につなげよう」とあいさつ。八木和也・弁護団事務局長が「クボタは豊富な資金量を背景に、一方では法的責任を認めない立場を取りながら、他方では法的責任を認めた場合と同水準の『救済金』を支払って責任逃れでこの問題をうやむやにしようとしている」と被告・クボタの姿勢を厳しく指摘したうえで、尼崎アスベスト訴訟の争点と勝利への展望を報告しました。
 「尼崎の会」粕川實則事務局長がこの一年間のまとめと方針案を提案、「アスベスト被害者の今後の発症予測は2028年をピークに9〜10万人といわれており、『アスベスト被害者はすべて救済されている』といった誤解が広がっている。環境省が発表した10月26日付の統計でも、特に肺がんに関しては、療養者は44.3%、特別遺族弔慰金は22.7%しか認定していない。国の責任を明確にしない限り、真の救済にならない」として、「引き続き、アスベスト問題の『風化』を許さず、被害の実相を掘り起こし、救済に繋げていく活動を強めるため、二つの裁判とも自らの課題として立ち向かおう」と訴えました。
 大阪・泉南国賠訴訟や首都圏のアスベスト裁判等、全国各地の闘いと連携して運動をすすめることなど、運動方針を参加者全員で確認し合いました。(尼崎医療生活協同組合 粕川實則)
 「アスベスト被害からいのちと健康を守る尼崎の会」第6回総会〜アスベスト問題の「風化」を許さず、加害責任を明確にさせよう!


青年のつどいin兵庫 〜日本原水協・高草木事務局長を招き学習と平和の活動交流(2010.10.24)

 10月24日(日)に原水爆禁止世界大会に参加した青年有志の会や兵庫民医連平和イベント実行委員会が主催となり、青年のつどいin兵庫を開催ました。「今年の世界大会が歴史的といわれるのは何故か?」という疑問から出発し、兵庫原水協の協力も得て、日本原水協の高草木事務局長をゲストに招きグループで討論しようという事になりました。
 当日は39名の参加(兵庫民医連からは7名の参加)。被爆者の方から被爆体験の話をお聞きした後に、学生や民主商工会、民医連、学生などの青年によるパネルディスカッションを行いました。中学生や大学生の発言では、新鮮な意見を聞くことができました。民医連からは宝塚医療生協の市居さんが発言し、世界大会やNPT、沖縄の支援などへ参加した体験も交えながら、「民医連は、なんで平和の運動をやるのかと思っていたけど、医療や介護はやっぱり平和であってこそ」と、仕事と平和の大切な関係を語りました。隣にいた高草木事務局長とも笑顔で交流!
 高草木さんからは、核兵器をなくすためにNPT再検討会議や日本政府に要求してきたこと、運動してきたこと、そしてこれからの課題など、とても濃い内容のお話がありました。私たちの平和の運動は少数で特別にやっていることではなく、原則を押さえてしっかりと行動していることも学ぶことができ、その後の分散討論でも共感が広がりました。今後もこのような企画が継続して取り組めていけたらと思います。(神戸医療生活協同組合 橋本 銀河)
 青年のつどいin兵庫 〜日本原水協・高草木事務局長を招き学習と平和の活動交流


兵庫民医連国保学習交流会 〜住民の医療を受ける権利を守るための活動をひろげよう!(2010.10.09)

 10/9(土)午後、雨の降りしきる中、47名の参加で「国保学習交流会を開催しました。
 まず、石川県社保協事務局長の寺越博之氏より「国保の窓口一部負担金減免制度」の講演していただき、国保法の変遷、運動の歴史、そして現状を学びました。次に、尼崎医療生協病院より現在も続いている「国保44条の取り組み」、東神戸診療所より「なんでも相談会と国保問題」の発表がありました。それぞれの地域で、住民の医療を受ける権利を守るための活動している傍ら、厚労省は新たに国保広域化を驚くぐらい速いスピードですすめています。私たちは社会保障制度を守るために知識をつけ、運動を広めていかなければならないと感じました。(高松診療所 水川)
 兵庫民医連国保学習交流会 〜住民の医療を受ける権利を守るための活動をひろげよう!


お問合せ・ご意見・ご要望はこちらまで TEL 078-303-7351
〒650-0047 神戸市中央区港島南町5-3-7
TEL 078-303-7351 / FAX 078-303-7353