はたらくものの医療生協_兵庫県民主医療機関連合会 会員ログイン
ホームへ戻るお問合せ



被爆体験を聴く会〜兵庫ききとりプロジェクト実行委員会立ち上げ(2014.04.06)

 4月6日(日)、こうべまちづくり会館にて、被爆体験を聴く会を行いました。参加は被爆者3名を含め21名。神奈川の被爆体験のDVDを鑑賞した後、グループに分かれてビデオカメラで記録しながら被爆者の方からききとりを行いました。
 参加者からの感想では、それぞれに違う体験があること、被爆体験は一瞬ではなく原爆が落とされた日から今までずっと続いており、人生を長く大きく変えるものだということ、生の声を聞くことで戦争の真の姿がわかるなど出されました。
 被爆者の方からは「こういう機会をつくってくれてありがとう。今後も続けていってほしい」「いのちを大切に、核兵器のない世界を」「1時間ではすべてを話せないが、核兵器廃絶の運動にどういう風に取り組むべきか、世界的な広い視野と立場でどう考えるかが大事」と激励をいただきました。
 今回、青年たちで兵庫ききとりプロジェクト実行委員会を立ち上げ、はじめての取り組みでしたが、自分たちで語り継ぐことの大切さをみんなが感じたものになりました。次回の実行委員会でふりかえりを行いながら更に広げていきたいと思います。
(神戸医療生協、青年ジャンボリー・橋本銀河)
 被爆体験を聴く会〜兵庫ききとりプロジェクト実行委員会立ち上げ
お問合せ・ご意見・ご要望はこちらまで  E-mail kenren-hp@hyogo-min.net
〒650-0047 神戸市中央区港島南町5-3-7
TEL 078-303-7351 / FAX 078-303-7353